小部屋の小箱

アクセスカウンタ

zoom RSS マイガール第2話

<<   作成日時 : 2017/06/01 14:43   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

『マイガール』第2話をアップいたしました。
審査が通れば、夕方には公開されると思います。
あと1話。11日の〆切に間に合うかな〜。


     第2話 泣いてるのは、だれ?
画像


簡易作品説明文をちょこっと変えました。
→「お父さんの足は、くさいのに」

決して、世のお父様方をディスっているわけではありません。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
2話読みました。
糸由ちゃんも糸子さんも、優しすぎて今回は胸がキューってなりました。
夫を3人持たないといけないっていうのは、3人の子どもに恵まれるかもしれないけど、糸由ちゃんみたいにお母さんがかまってやれない、という心苦しさがありますね。
心が純な女性にとっては色んな所で複雑な思いがあるんだなぁと思います。

『あなたと一緒なら』ではどっちかって言うと糸由ちゃんのドジっぷりに風間くんが振り回されてしまうコメディなところがあるので、そういう心苦しさは感じませんでした。

子どもの目線、お母さんの目線、2人の目線で見ると切なくなりますね。
(シリアスな感想でごめんなさい)
アベタク
2017/06/01 18:45
読んでくださってありがとうございます。
シリアスなご感想、とても嬉しいです!(シリアスでなくても、もちろん嬉しいですけど!)

『マイガール』だけ読むのと『あなたと一緒なら』と合わせて読むのとでは、印象が少し変わるかもしれませんね。女性陣の心情を深くとらえてくださって嬉しいです。女性陣はこの後『あなたと一緒なら』の方で、ユリ先生とか、春市の元妻とかのことも描けたらいいな〜と思っています。

風間くんにも早くまた、振り回されてもらわなくては♪
秋里
2017/06/01 21:53
マイガール、素敵なお話ですね。

父の打算、母の罪悪感、イケメンチャラ男の寂寥感、そして子のひたすらピュアな優しさ。結局人とどう関わるかが人生そのものだよなあ・・・ということが、温かく胸にしみて来ました(そういう話じゃなかったらごめんなさい)。

ちなみに、おうちの外観や内装が超好みでした。なんて落ち着く家なんだろう・・・。
カワグチ
2017/06/12 18:11
読んでくださってありがとうございます。
そういうお話です。たぶん(笑)

家の外観は、素材に色を塗っただけのものなのですが、内装は、以前住んでいた家を思い出して描いてみました。懐かしかったです。靴箱の上にある、太ったチェスのコマみたいなのも実際にありました。小学?年生の自作「怒った像」だったかと・・・。
秋里
2017/06/13 17:24
こちらこそ、いつも面白い漫画を読ませていただいて、ありがとうございます。
このところ、アップのペースが速くて嬉しいです。ふふふふふふ・・・。

靴箱の上のオブジェ、気になっていました!「怒った像」ってご自身がモデルなのかしら。

図画工作や美術の時間に作った物って、いまだに色々思い出します。「もう一度あれを作りたいなぁ〜」と思うこともしばしば。
作った後の処遇には困るんですけどね(結局燃えるごみか不燃ごみか・・・)。
カワグチ
2017/06/15 10:45
マイガール、一応終わったので、またのろのろペースに戻ると思います

「怒った像」自分ではなかったと思います。隣の席の子がモデルだったような・・・違ったような・・・。小学生時代って色々作っていましたからね。引っ越しの時に、たぶんほとんど処分しちゃったのだと思います。

カワグチさん、何か作られたら見せてくださいね♪
秋里
2017/06/15 22:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
マイガール第2話 小部屋の小箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる